【高校生におすすめ】 資産でお金を増やす

■おすすめの書籍
金持ち父さん 貧乏父さん
著:ロバート・キヨサキ

■おすすめの理由

  • 投資に対するモチベーションの源泉になる
  • 投資に対するモチベーション維持
  • 資産とは何かを理解できる

■要約

  • 資産とは「お金を運んでくれるもの」
  • 負債とは「お金を持っていくもの」
  • 金持ちは資産を買う。
    中流の人間は資産と思って負債を買う。

■この本を読んで

  • 初任給から株式投資始めた結果、
    毎月お金が入ってくる状況を作れました。
  • 社会人10年目を超え、
    投資に対する考え方の根源となりました。

■資産とは何か

資産=お金を運んでくれるもの

代表的な資産として、
株や不動産(賃貸物件)があります

株は配当金、不動産は家賃収入として、
お金を運んでくれます

この運んでくれるお金には名前があり、
『CF(キャッシュフロー)』と言います

■負債とは何か

負債=お金を持っていくもの

代表的な負債として、
自動車ローンや住宅ローンがあります

資産として「不動産」と記載しましたが、
次の条件で考えるといいかと思います

①入るお金>出ていくお金=>資産
②入るお金<出ていくお金=>負債

自分が住む場合家賃は得られないので、
②があてはまるので負債となります

■資産を買いましょう

お金を増やしたいならば、
資産を増やしてCF(キャッシュフロー)を増やす

入ってくるお金が出ていくお金より多ければ、
お金が増えます

誰でも分かる内容と思われるかもしれませんが、
お金が増えない人がたくさんいるのが事実です

■ちょっと詳しく

この本をもう少し詳しくとなると、
金持ち父さんと貧乏父さんの考え方の比較、
自分のビジネスを作ろうなどが書かれています

また金持ち父さんになるために、
お金について勉強することを説いています

■まとめ

  • 資産とは「お金を運んでくれるもの」
  • 負債とは「お金を持っていくもの」
  • 金持ちは資産を買う。
    中流の人間は資産と思って負債を買う。

日本はサラリーマンとして働く人が多く、
給与が上がらない、生活が厳しいとよく聞きます

サラリーマンは安定が保証された立場があり、
その代わりに給与が低いという働き方です

サラリーマンにもいいところがあり、
個人的には次の様な選択肢作りがおすすめです

『働く・働かないの選択肢を持つこと』

経済・投資の最新記事8件

>お金で困らないために

お金で困らないために

仮想通貨・暗号資産・NFT・株…
『投資』と呼ばれる種々様々なものがありますが、
お金の知識には未来を買うことができる可能性があります。
『投資』の世界において絶対はありませんが、
知識があるほどお金に困らない傾向にあり、
今後その格差も拡大していくことでしょう。
このブログではそんなお金の知識をサポートしていきます。

CTR IMG